2010年07月19日

R化だそうで

新しく3次職が来たらしく、色々変更の模様。今までVitと魔法の天下だったのがだいぶ変わったみたい。
Agiの時代が来たらしい!!!
とはいっても、うちのキャラはほとんど劣化

High Wizard。魔法全体が劣化したために泣くほど弱体化。SGの基本も大きく変わり使いづらくなりました。とはいえ、基本的にAgiで通常攻撃好きで、魔法が強い状況は好きでないために、嬉しかったりします。もっと劣化すればいいのにww

High Priest、じゃなくてタヌプリHigh。色々と便利そうなスキルからPTでプリ(回復職)がいるのは基本のため、3次目指して頑張ってもいいわけですが…。支援職やってるとストレスたまるのでメインにできないからパスw
ハイプリまでやったし一応ネコGのマスターなのにねー。もう1つやりたくない理由は見た目。まだましとかかわいいという声は結構あるらしいけれど、個人的にはちょっと酷過ぎると思う。あれはもう聖職者じゃない…。Arc Bishopだし聖職者じゃないんだけどネー。

Champion・・・。んー、なんというか相変わらず酷いとしか…
とりあえずパッシブチャンプのメリットがほぼない仕様になったので、動かさない気がする。もう消してもいい気もしている(´・ω・`)
盾を装備しているとAspdが減るようになったので、アサや剣士系などのAgiは強化されました。Aspdが全体的に早くなってるっぽいので。しかしローグとモンクは火力がない変わりに盾を持てるわけなので、メリットがデメリットになる。外したところでアサみたいに武器が装備できるわけでもないし・・。普通短剣2本装備できるならナックル2個もできると思うんだけど…。

Alchemist。元々製薬だったので本体の戦闘能力は0だったんだけどリーフがいたので結構稼げてたんですが・・(メンタルチェンジもう持ってたし)。3次がきてR化ということで、ステもスキルも1度だけ無料でリセット可能になったと聞いて、ケミが強くなったと思ったわけですが、リーフのメンタルチェンジが弱体化。スキルを使っても強化したのかどうかわからないほどの状況なので(噂だと効果が消えてるとか?)、結局製薬の時より稼げなくなっちゃった。

後はハンターとローグだけれども、ローグはチャンプと同じで微妙なうえにやる気0.元々製薬のための買い出しのために生まれたために、もういらない子w


Agiが強化されてうれしいんだけど…、うーん(;一_一)
もう、ローグ消してアサでも作ろうかしら
ラベル:RO
posted by 香奈 at 19:25| Comment(0) | RagnarokOnline | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

検証 公務員削減

今日はいい天気!、ずっと雨だっただけにありがたい。ようやく洗濯物がしっかり日に当てて干せますよ。乾燥機だとどうにも微妙だからねー。・゜・(ノД`)・゜・。

-----------------------------------------

2010/07/16 新聞赤旗記事

検証 公務員削減 消防士

5分間の放水開始半減

いざというときに、国民の命を守る消防署。しかし、人員不足は深刻です。
消防職員は、この10年間でみると、全国で1年平均約600人の微増です。しかし、国が定める「消防力整備指針」に対して、5万人も不足しているのが実態です。
消防ポンプ車は、「整備指針」で本来5人で乗ることになっています。しかし、京都市の消防職員は「4人で乗っている」と話します。「隊長と運転手以外でホースを準備するので、それが2人か3人かではまったく違う。2人だと水を出すまでの時間が1〜2分遅くなる。その間に、火の広がり方が大きく変わる」
京都市消防局は「5人乗車できるように人員は配置している。ただ、他の任務があるときなどは4人の場合もある」といいます。
何もできない
都市部以外ではさらに深刻です。岡山県の備前市と和気町でつくる東備消防組合の出張所では、常時退院5人、消防車1台、救急車1台の体制です。このため、3人が乗車する救急車の出勤中に火事がおきると、2人の乗車で消防署を出動させる以外ありません。
同組合職員の上河正見さん(46)は、「とりあえず現場に行きますが、2人では何も出来ない。15分近く、他の出張所からの応援を待っているしかない。人員体制が整っていれば『助けられたのでは』と思ったこともありました」と無念さを語ります。
同消防組合では、119番の夜間電話受付も1人で対応しています。「電話は30回線あるのに、1回線しかないとの同じ」と上河さんは嘆きます。
この10年で、救急車が現場に到着するまでの全国平均時間は、1分40秒も遅くなりました。建物火災では、連絡を受けてから5分以内に放水開始できた割合は、32.5%から14.1%と半分以下に落ち込み、逆に20分を超えてから放水を開始した割合は、1,9%から3.6%と2倍近く増加しています。
本部100も減少
「消防の広域化」がすすめられ、消防本部の数が全国で100も減っていることが要因とみられます。
国が市町村に示す「消防力の整備指針」は、もとは「消防力の基準」という名称で、「必要最低限の基準」でした。ところが、2000年に、「地域の事情勘案し」という文言を盛り込み、単なる市町村の参考としての「指針」へ、性格を変えられました。05年には同じ職員が消防車にも救急車にも乗車する「兼務」を、市町村の不十分な実態に合わせ追認するなどの「規制緩和」が行われてきました。
それでも、全国の消防職員数は、必要とされる20万6367人に遠く及ばず、15万6758人にすぎません。
国は、消防職員の人件費などを地方交付税で措置していますが、その積算額は、平均的な団体の職員数で計算されています。「整備指針」で必要とされる職員分数は措置されず、それ以上の職員を配置しようとすれば、市町村の「持ち出し」が必要となります。

-----------------------------------------

選挙前から、無駄を減らすという意味で公務員の人件費やボーナス・給料まで減らすという、ダメな党が大量にいますが、どうなんでしょうね?
前も書いたけれど、減らす=サービス低下ということを理解できていない様子。公務員じゃない人が、国は赤字だから減らせといっているけれど、いざというときに大変な目にあうから、ダメな党の口車に乗らないようにしたほうがいい。
消防署でいえば、防犯対策や見回りやキャンペーン活動をすれば、何もしていないよりは経費はかかります。日々、住民のために頑張っているのに給料が減ればやる気もなくなったり辞める人も出てくる。

もっと削る物はあるので、そこに気がついた方がいい

ラベル:政治 新聞
posted by 香奈 at 21:42| Comment(2) | 新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

必死剣鳥刺し

必死剣鳥刺しを観てきました。
俳優が好きなわけではなく(知識がないので知らないだけなんだけど)、話の中身も全く知らずに行ってきた。理由は時代劇が好きだからw
ネタばれになりそうなので、行こうと思っている人はこれ以上観ないほうがいいでしょう。








さて、中身ですが…
藤沢修平の短編時代小説「隠し剣」シリーズの一編で、生まれの山形、海坂藩を舞台に作られたそうで、なかなか設定は細かくていい感じ。主演の豊川悦司も頑張っている感じ。あまり喋らなかったけど演技は悪くはない。主人公は兼見三左エ門
出だしの藩主の妾、連子(関めぐみ)を殺めるトコロからスタートしたのも印象に残り、期待したんだけどー…

途中の回想と現実の流れが細かすぎ。いきなり回想に入ったかと思えばいつの間にか現実に戻り進む。それを何回もされると、何がなにやらわからなくなってしまうのが最悪。長編で設定や人が理解できていればついていけるものの、1本の映画でそんなことをやられると、何度も見ないと理解できなくなってしまう。ある程度は考えさせるのもいいかとは思うけど、悩みすぎて純粋に観てられないところがありがっかりすぎ。設定が酷いとしかいいようがない
背景で、石高を減らされたために家計が苦しく畑を作るトコロや食事の流れは悪くないものの、ちょっと長くて中だるみな感じ。
別家の帯屋隼人正(吉川晃司)との殺陣は文句なしだけど、その後の事切れるまでが無駄に長すぎる。数回斬られたにもかかわらずまだかかってくる相手を叩き伏せるところは、見せ場でもなんでもなく非現実的といわざるを得ない。多少ならわかるんだけどねー・・・。大刀じゃなくて脇差で戦ったというすごさを評価したいところなんだけど、悪い方が目に付いてしまう・x・
さらに非現実的だったのが、事切れた後脈をはかり、死んだのを確認されてから秘剣鳥刺しを使い中老・津田民部(岸部一徳)を殺ったのも微妙といえば微妙。それがこの映画の題の所以なんだけど……。うーんw
後、重要なのが、岸部一徳の存在が問題。ねちっこくいやらしい感じの演技を基本とする人に中老などお偉い役はあわなさすぎる。これは配役の段階で間違い。この人の演技は悪くないだけに残念。時代劇での役なら、商人辺りにとどめておくべき。もう少し力強い感じならいいんだけど、無理だしねぇ〜
ドラマ・相棒での警視総監役、お偉いさんをやってるので下っ端は周りから見て似合わないとは思うけれどもw

評価できるところといえば、姪の里尾(池脇千鶴)の存在かな。いじらしさやつくす様がなんともいえない感じで、主人公がかすむほどに良かった。むしろ池脇千鶴のあの演技があれば他の役は誰でもいい気がしてくるw
テレビや映画でこの人の演技を観た事がないけれど、今度何かの作品で名前をみかけたら観てみようかしら(`・ω・´)
もう1つは秘剣鳥刺しで、藩主ではなく中老を殺したことにある。あれで藩主を殺していたらこの作品自体が時代劇としてろくでもないものになってしまうだけに評価できる。

結局、映画を観てよかったところといえば、池脇千鶴がいい演技をするということと、最後で兼見三左エ門に暇を出された後、必ず迎えに来るという約束を待ち続ける里尾までみて、昔は(今も?)女は苦労したのねー、と前以上に感じたことくらい
時代劇が好きなのでひいき目でいい点をあげたかったけれども、今回の秘剣鳥刺しは総合40点くらい。内、池脇千鶴の存在が30点ww
ラベル:映画
posted by 香奈 at 19:01| Comment(2) | 私生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

税というものを理解しよう

消費税を上げるという話がされています。テレビなどマスコミの報道も、とにかく財源がない・あがるのはやむなしとう流れを作り国民に消費税が上がるのは仕方ないという形が出来上がっています。洗脳ですねw

2つのことをはっきりさせておきたいと思います
1つは共産党以外のどの党も、社会保障や福祉に使う。お金がないので無駄を削った後に上がるのは仕方がないという方向で一致しています。構図的には共産党VSそれ以外の党といった感じ。
社会保障を使うというけれど、使われる保障がどこにあるのか?ということ。消費税導入される3%のときもそこから5%になったときも、毎回福祉や社会保障に使うといわれ増税されてきましたよね?
そして結果としてどうなっているかといえば、消費税分の増税の金額のほとんどが大企業減税に使われている。これは数字にして明確にされています。政府やマスコミが言わないだけですね。
消費税増収額は22年間で224兆円。それに対し法人税は208兆円の減税となっています。そして福祉はどうなったかといえば、自民公明の政治でぼろぼろにされ、高齢者医療制度などの酷い法案まで作られる始末。消費税が導入される前は保険証さえあれば医者へかかるのにお金がいらなかったわけです。その反省もなく自民も公明も福祉のためだとか言い、民主は選挙公約を覆し、差別の高齢者医療制度の撤廃も先送り、医療費の窓口負担軽減も全く具体化されていない。
こんなので福祉や社会保障に使うなどといわれても全く信用などできはしません。それにセットで法人税減税といっているわけです。今までの流れからすれば、このまま高齢者医療制度などの酷い社会保障切捨てが進み企業だけ減税という仕組みが今以上に出来上がるわけです。
しかも還付するとか言ってますが、それは果たして信用できるんでしょうか?。民主は平気で選挙公約を投げ捨てる党ですからね。信用できるはずもない。
返すというけれどどういう形にするのかも決まっていないわけで、選挙の票目当ての嘘としか思えない。
それに返すなら取るなといいたい。もっと違った形で収入を上げればいいんです。

もう1つが重要ですが、税というのは基本的に能力に応じて払うということ。
簡単に言えば貧困層で生活が厳しい状況にあるものは払わなくてもいいということです。例を挙げれば、生活保護を受けている物はサービスを受ける権利は等しくあるものの、住民税など全てにおいて税金を払わなくてもいいということです。まぁ、当然ではあります。お金がないために保護を受けているわけですから。
その税の基本を守っていないのが消費税ということです。お金持ちからも貧乏人からも等しく奪い取る悪魔の税金。
国にお金がないのは誰のせいか?今まで政治を行ってきた人(主に元は自民公明にいた人物)の責任であり、それを国民が負担する義務はない。お金がないなら国会議員が知恵を絞ってある所からとり、ないところに分配するのがあたりまえなんです。

この2つのことから消費税を上げるのは間違いだということは理解できると思います。それでも消費税は必要だと思っちゃってる人だけ払えばいい。別の形の税でね。
憲法25条には、全ての国民は健康で文化的な最低限の生活を営む権利があり、国は生活部面において社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に勤めなければならない、とありますね。
少なくない国民の暮らしが厳しく、貯金を崩さなければ生活が出来ない人がいる以上消費税増税というのは憲法違反ということになる。ずっと自民党がやってきたことは憲法違反なわけですけど。海外派兵とかね!

選挙が終わったときには、日本共産党が躍進してるといいなぁ〜。そうじゃないと日本はもう手の施しようがなくなってしまう。

ラベル:政治
posted by 香奈 at 20:14| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

国営は基本赤字で当たり前

サッカーのワールドカップが盛り上がってるらしいけど選挙でそれどころではない感じ…。

さて、前々から馬鹿なことを自民党や民主党やみんなの党が言っていますね。消費税を上げる前に無駄を減らすべきだと。
その無駄というのが、政党助成金でもなくアメリカへの思いやり予算の軍事支援金でもなく公務員の削減と給料を減らすといっているわけだからものすごい話です。
これをいいとする声があるのにも驚き。頭悪いんじゃないかと
公務員=議員や警察くらいしか考えてなさそうな勢いだから大問題。

公務員というのは色々あるわけです。警察もそうですが、市の職員や消防署員や教職員や市民病院の看護士だって公務員です(細かく言えばもっとたくさんあるけれど割愛)。今現在で数が足りておらず人を増やして欲しいという声が上がっているところは数多い。それを全部ひっくるめて公務員の人も給料も減らすといっているわけですねー。
さて、人が減るとどうなるでしょう?
仕事の量は当然一定あるわけで、ただでさえ人手が足りずに困っている状況。看護士などは過労で倒れる人もいるというのが実態なのだから増やさないといけません。増やさないと仕事が出来ないわけだから。しかし国からは人を減らされるとなると、民間から人を補充する形になりますね。
ここで雇用が増えるという考え方は間違いで、しっかりと正規で雇うとお金がかかるので、派遣になります。派遣=不安定雇用というわけで、安定した雇用が増えるわけではない。派遣社員は、保険も安定もなく劣悪な労働条件の中にいるわけだからいいことではない。

公務員を減らすということは国が責任を負わずに民間に任せるということになります。
国がやってきたことを民間に委託する流れが出来てきて、無駄を省き自由にやるということをさせているようですが、これは120%間違い。よく無駄をなくすとか言っている人がいますがよーーーく考えろといいたい。
企業というのは儲けが第一、というか全て。そこに赤字になっても客にサービスするということは基本的にありえない。一時的にはあっても採算があわないのなら撤退するのが基本です。
逆に国営というのは赤字が基本なんですよ。赤字でも守らなければならない大事な物尊い物を守るのが国営の仕事。動物園やゴミ処理場や図書館などがいい例ですが、企業がやることがないものを引き受けて民のために運営するのを基本とするわけで、必要な物を、お金がない・儲からない・無駄という理由で削るというのはアホとしか言いようがない。そして削ると言っている政党はもっとアホ。

国が責任を持たず何でも民営化するということは、例えるなら極端な話、
学校はなくして全部塾にすればいい。
病院での治療はお金持ちが優先。お金のない人は治療を受けられない。
図書館は潰して貸し本屋。貸し本屋は儲からないので、潰して読みたければ本を自分で買えという形。
ということなんです。ここまで極端なのはどうかとは思うものの、国が責任を持たずに民営化させるというのはそういうこと。

もう1度言いますが、国営というのは赤字で当然案です。それを必要な物を赤字でも運営していくというのが国の仕事。何でも(お金になりそうなもののみだけど)民営化し公務員を減らすというのは国が責任を負わないということです。
必要か無駄かという議論をしっかり色々な分野の人とたくさん公平な協議をし、無駄だという結論が出た際には削るのもいいでしょう。
お金がないのでとりあえず公務員を減らすなどという頭の悪い発言をしている議員や党を支持すると後で大変な目にあうということは一応言っておきます。しかも公務員を減らすというのは国民にとって悪い話なのに、それで消費税を上げるというのだからたまりません。悪いことを抱き合わせでやろうとしてるってこと。騙されてますよ。

じゃぁ財源はどうするんだということをいう人がいますが、国民の生活にとって何が無駄なのかを考えればいいでしょう。上で書いたけれども、政党助成金やアメリカへの思いやり予算をなくせば結構出てきます。

これを観て理解できなかった人は、公民の勉強をした方がいいかもしれません。

ラベル:政治
posted by 香奈 at 21:58| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

経団連の犬

自民党政治のときからそうですが、経団連の言うことに従って政治が行われています。題に経団連の犬と書きましたが、犬に失礼のような気がしてます。

経団連の要求に従って、日米FTA(自由貿易協定)・日豪EPT(経済連携協定)を早期締結に向けて冠内閣は、成長戦略実行計画がありますが、その中で2010〜2020年までの農産物自由化を書いています。
去年のマニフェストで日米FTAを掲げた際、ものすごい批判が出ていました。にもかかわらずこうして掲げるのは財界の強い要求があるため。
※FTA=自由貿易協定とは、貿易で特定の国や地域を対象に関税の減税や撤廃などを優遇する仕組み。EPAはFTAに加えて投資の自由化や経済取引の円滑化を盛り込んだ幅広い協定。実際には大差ないとも言われてます。

もし日豪EPAが締結されたとすると、北海道経済は1兆3千億円を超える打撃をこうむり、崩壊寸前まで行く可能性があります。日本の米作りの82%が崩壊するとまで言われています。

ただでさえ自給率が低いのに、締結したらさらに自給率は下がる上に北海道が壊滅的な打撃を受けるというのに、財界の要求に従うのでしょうか?
議員レベルで言うと、日本の未来よりも自分の地位の確保を優先するから。財界の言う通りにし献金と選挙時に支持をもらうという実に簡単な仕組み。日本のことを少しでも考えてると思いたいけれど、何も考えてない気もする…
財界はといえば、国内だけじゃ儲からないから海外に物を売ったり、海外で低コスト(材料や人件費など)で物を作り売りたいから。しかしそうするとその国の政府は面白くない。それではどうするか?。その国の企業が日本で儲かるように関税を下げたり農作物などを決まった量仕入れさせる条約を結ぶわけですねー。
つまり、日本の農業が安定して生産すると海外の物が要らなくなる→それだと売れない→それでは日本の農業を破壊すればいい→コメを作らなければお金を払う制度を作る(税金で)→それでも米作りをすると非国民扱い。補助もしない
という状況になるわけで、何がいいたいかというとろくでもないってことです。

自民党、民主党、公明党、国民新党などの元自民系列は全部賛成という状況。ろくでもないですねー
みんなの党は守る守ると連呼し、農業も守るとか言っちゃってますが、やることは破壊する方向ですね。米の原版政策に反対するのは良いと思いきや、企業が農業に入ってきやすいようにし、一定の土地を持ったものだけ優遇するというマーケット型農業を作っていくといっちゃってます。意欲のあるものに直接支払い制度とか言っているものの、一般の農家では基本的にありえない土地を所持している者のみに支払う制度ですよ、これ。
銀行の貸し渋りや減反政策などで後継者はやる気があってもやれない状況というのが実情なだけで、やる気がないわけでも人がいないわけでもない。
それに何でも自由化をすれば力(資金源)の強い物が勝ち弱い農家は潰され、日本の農業が食いつぶされていくのが目に見えてます。それを自由化しなんでも競争させようというのが間違い。

みんなの党は消費税を上げないといっていってはおらず、無駄を削ったら上げるといっています。無駄というのが必要なものだったり、良いこといってそうで最後まで調べていけば実は悪くなるようなことをするといっている感じ。二大政党が揃って支持されないから、その受け皿に造られた程度な感じがします。中身は同じっぽい。


全く関係ないですが、日本負けましたね。残念
最後PKで負けたものの良い試合をしたと思います。お疲れさま
ラベル:政治
posted by 香奈 at 20:10| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。