2011年04月21日

社会権はどこ?

最近ニュースや肩書だけ偉そうな評論家や政治家から自己責任論のような意見を聞きます。
「今は不況なので自分の身は自分で守らなければいけない」「自己管理ができないから会社を首になる」「甘えが職に就けない理由」などなど、さまざまですがすべて個人が悪いような話になってます

昔の大日本帝国憲法では社会権など存在せず社会保障制度などありません。(医療保険、雇用保険、介護保険、労災保険、年金制度など)全部自分で何とかしろという自己責任です。今の日本それに近くなってきている気がする
保険料が払えなければ治療費は丸まる負担し、お金がなければ医者にもかかれない。高校以上の授業料が払えなければ学校行かずに働けと言われ、歳を取って働けなくなっても面倒はみてくれません(年金の扱いがものすごく酷い)

※社会権とは、基本的人権の1つで人間が人間らしく行くていけるように補償される権利のこと。

さまざまな理由で生活に困ると気が出てきます。そうしたときにまず自分が悪いと考えがちなのが日本人。それは美徳でもありますが、欠点でもあります。そういう考え方も大事ですが、政治の責任と考え権利を主張して最低限の生活を確保してほしいと思います。

身近でそうした生活に困った人がいた場合は、もよりの日本共産党地区委員会を勧めてみてください。役所へ相談に行くと日本共産党の事務所を紹介されるくらいですから・・・ww
ラベル:政治
posted by 香奈 at 17:25| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。