2012年12月18日

自民に入れた奴責任取れ( ;・`Д・´)

さて・・、4年前に自民のあまりの酷さに嫌になり民主に入れたことを忘れたのか、情報操作されたせいか何も考えてないのか知らないけれど、半数ほどが自民に入れたらしく自民が圧勝。やれやれ

なぜ自民に入れるのか?意味がわからない。自民も民主も第三極にも入れるところがないというなら、投票所へ行き記入しなければいい。私がこういうのも問題があるけれど、日本共産党が嫌なら共産党の票を食うためだけに存在しているような、共産党といっていることは似ているけれど中身はすかすかの社民にでも入れればよい。自民よりはよほどましである
それもせず文句を言いながらも自民に入れるのは理屈が通らない。何も考えてないといわれても仕方がないのではないか。
よく、お世話になっている人から頼まれたから、とか身内でもう決まっていて入れないと村八分にされるということも聞くけれど、別に書くところまで管理されているわけでもないし、好きに書いて入れたと適当にいってもいいはず。そもそも、選挙というのは自分が1票の権利を持ちそれを自分の意思で選び票を投じるのが当たり前。どんな理由があろうと自分で投票している限り最終的には選んでいるわけだが、そこに自分の考えが入らない限り民意がしっかりと反映されない

ともかう自民と書いたアホは責任を取れといいたい。

そもそも、これだけ国が悪くなったのは戦後何十年も自民が好き勝手やってきて末期状態にあるのが根本にあるわけで、4年程度民主がやったからといってすぐによくなるわけでもない。なぜその程度がわからないのか?。民主が言い訳ではないですけどね( ;・`Д・´)

自前で軍隊を持つという。では誰が兵になるのかといえば、今の自衛隊になると予測されるものの、戦争に参加するとなればほぼ脱退する。誰でも戦争などしたくはないんですよ、一部の戦争に行かない上層部とキチガイ以外は。そうなると兵がいなくなるわけでどこからか補充しなければならない。結果として戦前行っていた赤紙召集になりかねない
韓国と同じになるわけだ
こういう話をすると、今の日本でそんなことになるわけがないという人がいるけれど、そもそもアメリカの尻にくっついていって戦争をする時点で想定内で将来的に怒りうるであろうことなんですよ。
そもそも補給も立派な戦争

TPPに参加。すべての関税撤廃
交渉しながら不利になれば離脱すればいい。交渉で権利を勝ち取り都合が悪ければ跳ね除ける
などとみんなの党を含めたアホ5党が言っています。自民公明民主維新みんな
TPPというのは例外なきすべての関税撤廃が参加条件であって、その基本の参加条件をどんなこともすべてアメリカ言いなりである日本が、アメリカが主になり進めているルール変更を行うどころか言えるわけがない。同じテーブルに着いた時点であり地獄の真ん中に飲み込まれたも同然なんですよ。確実に這い上がれない
農業グループ全部が、TPPに参加したら二度と再生不可能なところまで追い込まれ8割以上の農家がつぶれ日本の農業はだめになる。といっているにもかかわらずですよ。現場に耳かさずアメリカの言うとおりに勧めている実態が見えている。医療や保険もアメリカの企業に飲み込まれるでしょう。丸ごと日本を売り渡す非国民が、自由民主党、公明党、民主党、維新の会、みんなの党というわけだ。
 
自民いれた人はよほど、日本産の安全でおいしいものではなく、アメリカの農薬まみれやBSEなのど危険物入りの食材を使いたいらしい。

自民は雇用を増やすといっているらしい
さて・・・、自民党は政党助成金をもらう際にきめた企業団地献金を今も平気でもらい続けながら、企業の言うことだけをへいこらと聞いて活動してます。今の法の中に、社員をリストラすると国から奨励金を出すというとんでもない制度があるんですね。ほとんどの人は知らないでしょうけども。
こんな酷い制度があるものだから、全日空でベテランの首を切っておいて人手が足らないので中途採用を行うという、意味不明なことが横行するわけです。
「自主退社しないと内紛状態のシリアに転勤させるぞ」と脅したり「お前の働く場所はここではない、居場所もない」と数十回も面談し言い続けたり、当日に呼び出され首といわれ、「1時間後に荷物整理をして出て行け、二度と敷居はまたがせない」などとめちゃくちゃなことが横行するわけです。
こんな話をすると、あるわけがないという人もいますが、あるんです。
派遣で住み込みで働かせ、室内のすべてのサービスは固定。テレビから布団から何から何までリース。給料から強制的に差っ引かれます。使わないといってもすべて込みで強制。おかげで手元に残るのは2万円程度というブラック大企業のトヨタのような酷い話もあります。
これを容認しているのが長年与党だった自民公明なんですね。これで雇用をどうやって増やすと?
首を切って採用したから増えてますというのでは話にならない。
今以上に自由化を進めると断言しているわけだから、悪くなりこそすれ、よくなるわけがない。経団連の米倉が手をたたいて喜んだというから手に負えない

2030年代に原発をなくす(予定)と民主は言っていたけれど、自民は原発をなくすといっているのを聞いたことがない。言ってたっけ?
アメリカから核を買うのでアメリカには反対され、株主のために安全基準は何のその、活断層もなんのその、市民に使用量を値上げしても株主の利益は守ります。の電力会社から献金をもらっている以上、原発をやめる方向にすらなるわけがない。
そもそも、電力が足らないというが、どれほど足らないのか数値で示されたことなど1度もない。実際足りていたわけなので、足りない数値など出せるわけもないです。しかし足りない足りないとマスコミが騒ぎ立て足りないと信じこまされているために、一部の市民も原発は仕方がないという意見もある始末。
次に福島レベルで原発事故が起こったら、日本は壊滅します。物理に壊れるわけではないけれど、日本に来る人は減り、物は売れず、被害があった地域の人は路頭に迷い、さらに対処で税金を使うことになり、行く先は破綻。目に見えている
はっきり言って、電力が足りないならお金がある企業は自家発電にすればいい。コンビニは深夜営業禁止にすればいい。自販機は全部なくせばいい。夜間の仕事は生命にかかわること意外すべて禁止にすればいい。いくらでもやりようはある
しかし事故が起こったら二度と這い上がれないわけです。少し考えれば何を優先するべきなのかはっきりしている。事故が起こらないかもしれない、などと頭のゆるい発言をする人は1度福島へボランティアにでも行ってきましょう。現実を直視してください

消費税増税
現在、国民の所得が大企業の横暴のせいで落ち込み、財布の紐が硬くなっています。そこへ増税などしたらどうなるか?。ますます消費は減ります。そうなると企業も物が売れないのでどんどん海外に出て行き、国内で働く場がなくなる。そしてさらに消費は落ち込むという悪循環で破綻。目に見えている
国がお金がないというのは、一部にたまっているせいであり、お金が消えたわけではない。
国民から国からあらゆるお金が大企業の内部にたまり山積みになっています。景気が悪いせいで投資する場もなくたまる一方なのに更に吸い上げるので、景気が転がり落ちるわけです。
そんな中で日銀がお札刷ったとしても、まったく意味がない。それどころか悪くなる一方。
お金が増えても、今銀行は中小企業には貸し出さず家を建てるにも2世代ローンという、日本の狂ったところと海外から言われているほどのことをして貸し渋っているわけだから、お金は回らないんです。つまり、銀行の金庫に山積みになるだけ。
景気をよくするというのは経済を、お金を循環させることが大事なんですよ。
一番いいのは大企業専用に雇用を守らせ首を切らせず賃金を上げる。そして銀行は中小企業を優先的に貸し出しを行う。
もうこれだけでだいぶよくなります。市民にお金が回るわけだから、そこから循環するんですね。
何がいいたいかというと、企業献金をもらい大企業とアメリカの言うことしか耳を貸さない勉強もせず政治家としては頭の悪い自民党の議員では景気をよくすることはできないということです。もしこれがわかっていてやっているとしたら非国民

書いただけでも、自民が勝つと国民にはいいことがなく喜ぶのはアメリカと大企業のみというのがわかります。

とまぁ、20分くらいで修正もせず書きなぐったので、誤字はともかく言い回しが酷いところがありますがこれでもいい足りないくらい。
言い回しへの苦情は受けつけません。中身への文句はご自由にどうぞ、反論してくれると大喜びします。反骨精神からではなく純粋に中身への批判でお願いします。あと、MSNメッセ内での苦情は受け付けません。ここにコメでよろしく
ラベル:政治
posted by 香奈 at 22:20| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なげーよ!
政治ネタなのに( ;・`Д・´)この顔文字使っちゃうのかw
残念ながら誤字発見できなかった(´・ω・`)
んじゃこれ今年ラスト記事だと思うから(去年も言った気がする
みなさんよいお年を〜(´∀`*)ノシ
Posted by せっちゃん at 2012年12月30日 10:13
さて・・・まで読んだ

お休みお気楽正月モードには長すぎたんだ(´・ω・`)
Posted by だら at 2012年12月30日 19:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。